スタジオ

キッズモデルになるなら仕事としての心構えが重要です

歌う婦人

チャンスを効率的に探す

ボーカルオーディションには、多くのチャンスが転がっています。効率的にチャンスをつかむには、行動あるのみです。チャンスをものにするためにも、ボーカルオーディションに挑んでみてはいかがでしょうか。

モデルという仕事

男の子

キッズモデルになる道は、基本的に二通りの方法に分かれます。スカウトかエントリーです。スカウトは、事務所などのスカウトマンから声をかけられて事務所に所属する方法です。見た目やファッションセンスなどが注目され、雑誌の写真撮影や取材、スカウトの声掛けなどで事務所に紹介されます。エントリーは、親が子どもをキッズモデルの事務所に売り込み、面接に連れていくなどして事務所に所属するかが決まります。昨今では、おもちゃのCMなどの一般エントリーもあるようです。長続きするキッズモデル、エントリーで失敗しない子にするには、キッズモデルの条件を押さえておくのがポイントです。キッズモデルの条件は新卒社会人の条件と、あまり変わりません。挨拶ができるか、指示に従い適切な行動ができるか、素直であるかです。キッズモデルといえど、仕事のパートナーになるには、基本的に社会人の規範を守れるかなのです。子どもに求められることではないと感じるかもしれませんが、このポイントは今後の子どもの人生にも必要なものです。挨拶ができる子どもは目上からも可愛がられますし、周囲の人気も悪くありません。コミュニケーション能力は学校でも、仕事でも人とかかわる場所において重要です。指示に従い適切な行動ができるかは、キッズモデルとしては仕事の出来に関係し、普段の生活でも集団行動や危険回避にも重要になります。素直であるかは、忠告を聞いて悪いところを治せるかにあります。人との付き合いにおいても重要なポイントでしょう。

レディ

見た目の近さが大事

スーパーモデルと違い、読者モデルにはファッション雑誌などを見る人にとって、近い身長やスタイルの人が多くいます。着こなしや、着たときのイメージがわかるので、読者モデルは多くの女性にとってお手本になります。

男性とカメラ

面白さはキャストで決まる

バラエティ番組においては、キャスティングはかなり重要です。視聴率だけでなく、番組の雰囲気や面白さにもかかわってきます。適切な役割でキャスティングできる専門業者を利用してみましょう。